産業用ロボットの影響で新卒採用の今と昔の様相が随分変わってきた

新卒採用の今と昔は、産業用ロボットに仕事を奪われてしまった形に
なったため、仕事の量が減少しています。
昔は新卒採用された時は、工場で日本独自の技術を学べましたが、
今では産業用ロボットの管理が仕事になっています。
上司にあたる人達の仕事は、昔は自身が学んだ技術を
新卒採用された人達へ教えるのが役目でした。
今は産業用ロボットの管理をしている人達が、
適切に管理をしているかどうかを確認するのが上司の仕事です。
大量に生産できるようになったため、販売する際の商品の価格は
安いですが、需要は豊富なので生産を継続できています。
時代は変わりましたが、お金を稼ぐために
一生懸命働く労働者達の姿は、今も昔も変わらないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です